HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

1916年4月
(大正5年)
中華民国天津に於て「株式会社三昌洋行」として創業。
住友グループ製品の総代理店として住友グループ製品の輸入に、また、現地生産物の輸出に従事。
1941年12月
(昭和16年)
大阪に「三昌産業株式会社」を設立。
1949年2月
(昭和24年)
東京に「三昌商事株式会社」を設立。
1963年6月
(昭和38年)
東西の三昌商事を合併し、本社を大阪市西区に、支社を東京都港区に置く。
1970年5月
(昭和45年)
支社を東京都品川区に移す。
1979年5月
(昭和54年)
台北支店を開設。(1995年10月に現地法人化し、「台湾三昌商事股份有限公司」となる)
1980年4月
(昭和55年)
シンガポール支店を開設。
(1990年6月に現地法人化し、「SANSHO CORPORATION SINGAPORE PTE.LTD.」となる)
1983年8月
(昭和58年)
本社を大阪市西区に移す。

1986年

(昭和61年)

韓国ソウル市に三昌貿易商事を設立。
(1995年12月に現地法人化し、「韓国三昌商事株式会社」となる。)
1987年4月
(昭和62年)
ロサンゼルスに米国現地法人「SUNSHOW CORP.」を設立。
1991年6月
(平成3年)
クアラルンプールにマレーシア現地法人「SANSHOSHOJI ELECTRONIC COMPONENTS SDN.BHD.」を設立。
1994年6月
(平成6年)
香港支店を開設。
(1997年5月に現地法人化し、「SANSHO HONGKONG CO.,LTD.」となる)
1996年11月
(平成8年)
フィリピンに駐在員事務所を開設。
1997年3月
(平成9年)
タイに駐在員事務所を開設。(2003年1月に現地法人化し、「SANSHO TRADING(THAILAND) CO., LTD」となる)
2001年8月
(平成13年)
上海に駐在員事務所を開設。
(2002年8月に現地法人化し、「三昭国際貿易(上海)有限公司」となる)
2003年2月
(平成15年)
支社半導体営業部(現・半導体エレクトロニクス営業本部東京営業部)がISO9001品質マネジメントシステムの認証を取得。
2003年10月
(平成15年)
本社地区(本社及び名古屋支店)がISO14001環境マネジメントシステムの認証を取得。
2004年2月
(平成16年)
支社地区(支社及び長野支店)営業部門がISO9001品質マネジメントシステムの認証を取得。
2004年10月
(平成16年)
中国蘇州に、連絡事務所を設立。
2004年11月
(平成16年)
支社地区(支社及び長野支店)がISO14001環境マネジメントシステムの認証を取得。
2005年2月
(平成17年)
本社地区(本社及び名古屋支店)がISO9001品質マネジメントシステムの認証を取得。
2005年4月
(平成17年)
天津に駐在員事務所を開設。
2009年4月
(平成21年)
中国深圳に三昭国際貿易(上海)有限公司の分公司を設立。
2009年4月
(平成21年)
ドイツに現地法人 SANSHO SHOJI (GERMANY) GmbH.を設立。
2010年4月
(平成22年)
天津の駐在員事務所を三昭国際貿易(上海)有限公司の分公司に変更。
2012年8月
(平成24年)
支社を東京都品川区に移す。
2014年2月
(平成26年)
本社を現在地(大阪市北区)に移す。
2016年8月
(平成28年)
支社を現在地(東京都港区)に移す。

会社案内

医療・介護商品のご紹介

採用情報

環境商品のご紹介

みんなでシェアして、低炭素社会へ Fun to Share

このページの先頭へ